考察一覧

NO IMAGE

魔法の定義

ハリー・ポッター・シリーズに登場する魔法には術、呪い、呪詛 (あるいはスペルやチャーム、カース) などといった分類が為されている。これがどのような基準で分類されているのかを考察する。

NO IMAGE

メアリー・ルー・ベアボーンはなぜ魔法の存在を確信していたのか

映画ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の登場人物であるメアリー・ルー・ベアボーンは、魔法の存在を確信し、魔法族の根絶を訴える活動を行っていた。しかし、基本的に魔法族は魔法の存在を知ったノー・マジに忘却術を施しており、その機会はないはずであるのだが何故なのか、この点を考察する。

NO IMAGE

開心術と閉心術の運用法の考察

開心術は相手の感情や記憶を読み取る術であるが、ハリー・ポッターは使用者ではないため具体的な運用法や実用上の制限がはっきりと記述されていない。そこで、原作の記述から開心術の運用と、その障害となる閉心術との関係について考察する。